2010年01月14日

小沢氏公設秘書を立件へ=不記載了承の疑い−陸山会土地購入・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で、東京地検特捜部は7日までに、当時の会計責任者で公設第1秘書の大久保隆規被告(48)=公判中=を、政治資金規正法違反罪で立件する方針を固めたもようだ。事務担当だった石川知裕衆院議員(36)による政治資金収支報告書への不記載を、了承していた疑いが強いと判断した。
 大久保被告は事情聴取に、小沢氏の指示で土地を探したことを認めたとされる。特捜部は近く小沢氏を任意聴取した上で、早ければ来週にも、大久保被告や石川議員を立件する方針。関係者によると、陸山会は2004年10月に東京都世田谷区の土地を購入したのに、05年の報告書に代金を計上した。購入直前には、小沢氏から借り入れたとされる約4億円が入金されたが、この収入も報告書への記載がなかった。
 こうした経理処理は、事務担当だった石川議員が大久保被告に報告し、了承を得た上で実行したという。大久保被告は当時、小沢事務所で石川議員の上司として、経理事務を統括する立場だった。大久保被告は西松建設事件で、03〜06年分の陸山会などの収支報告書に虚偽記載したとして起訴されている。既に04年分の虚偽記載で起訴されているため、新たに立件する場合、特捜部は公判中の東京地裁に訴因変更手続きを取る。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方

やすおのブログ
農家のお仕事
ライブチャット
無料携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
posted by フルヤ タカヒロ at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。