2010年03月10日

<参院予算委>外国人選挙権法案優先なら連立解消へ 亀井氏(毎日新聞)

 国民新党党首の亀井静香金融・郵政担当相は3日の参院予算委員会で、永住外国人に地方選挙権を付与する法案について「(法案を)国会に出す方が国民新党と組んでいるより優先すると思うのであれば、連立は一挙に解消になると考えていただいて結構だ」と述べた。大江康弘氏(改革クラブ)の質問に答えた。政府は国民新党に配慮し、同法案の今国会提出を見送る方針を固めている。【野原大輔】

【関連ニュース】
普天間移設:亀井氏「ベターな選択」陸上案の意義強調
前原国交相:公共事業の経済効果巡り、亀井金融相と対立
亀井金融・郵政相:郵政関連企業への天下り見直す
亀井静香氏:「夫婦別姓」にも反対表明
亀井金融相:夫婦別姓など2法案に反対

少年グループの抗争で23歳男ら逮捕 互いに報復繰り返す(産経新聞)
付属池田小「安全な学校」国際基準に初の認定(読売新聞)
無利子預金の存在を確認=運用益、米に提供可能性−沖縄密約(時事通信)
朝鮮学校関係者と面会検討=鳩山首相(時事通信)
鳩山首相 小沢氏と参院選に向け会談(毎日新聞)
posted by フルヤ タカヒロ at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。