2010年06月11日

「病気で仕事できぬ」生活保護費470万円詐取容疑 元暴力団組長ら逮捕(産経新聞)

 居住実体のないマンションに住民登録し、収入を隠して生活保護費をだまし取ったとして、大阪府警住吉署は4日、詐欺容疑で、指定暴力団東組系暴力団の元組長、西村良右容疑者(55)=堺市堺区中之町西=ら2人を逮捕したと発表した。

 住吉署によると、西村容疑者は覚醒(かくせい)剤の売買などで多額の収益を上げていたが、昨年11月に和歌山県警に覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されるまで、2年間にわたって大阪市から計約470万円を不正に受けとっていたという。

 他に逮捕されたのは、西村容疑者の姉で大阪市住吉区我孫子東の無職、家村裕美子容疑者(58)。

 逮捕容疑は平成19年11月〜21年11月、西村容疑者が住吉区内のマンションに住んでいるように装い、生活保護費計約470万円をだまし取ったとしている。

 住吉署などによると、西村容疑者は13年に覚せい剤取締法違反罪で服役し、出所直後の19年11月に住吉区役所で生活保護を申請した。実際は堺市内の組事務所に住んでいたが、住吉区内のマンションを契約。ケースワーカーの訪問時だけマンションに行って応対していた。申請時には「病気で仕事ができず収入がない」と説明していたが、西村容疑者の口座には2年間で約3千万円の入金があったという。

【関連記事】
保護費入金は複数回 自称NPO管理の業者口座、架空請求か
貧困ビジネス排除へ初の連携協議開く 全国30都市、近く提言
自称NPO、関係深い7業者に見積もり 引っ越し代、市に架空請求も
地下室なのに…転居1回50万円、敷金扶助に群がる実態
貧困ビジネス 別の自称NPO代表も逮捕 生活保護費詐取の共犯

女子高生にわいせつ、アートコーポ会長が辞任(読売新聞)
厚労省元係長の初公判=偽証明書の実行役―郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)
<強盗致傷容疑>女性運転手のタクシー強奪、少年逮捕 広島(毎日新聞)
<大阪の消費>将来は中国人頼み? 「人口減6割カバー」(毎日新聞)
親類捜索中、別の男性遺体=和歌山の会社員―秋田(時事通信)
posted by フルヤ タカヒロ at 21:06| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。