2010年04月13日

渡辺政秋氏死去=胎児性水俣病の初認定患者(時事通信)

 汚染された魚介類を食べた母親の胎盤を通じて感染する胎児性水俣病患者と認定され、生まれつき耳が不自由で話ができなかった渡辺政秋(わたなべ・まさあき)氏が1日午後4時46分、呼吸不全のため熊本県水俣市の病院で死去した。51歳だった。住所は公表されていない。葬儀は近親者で済ませた。喪主は兄栄一(えいいち)氏。
 水俣病第1次訴訟原告団長の故渡辺栄蔵氏の孫として、1958年11月に水俣市内で生まれた。祖父母や両親など家族全員が水俣病の被害を受け、自身は62年、胎児性水俣病の第1号患者16人のうちの1人に認定された。
 水俣病問題を扱った著名な写真家、故ユージン・スミス氏の写真集で家族とともに紹介されたほか、水俣病問題を取り上げた故土本典昭監督の記録映画にも幼少時の姿が残されている。 

【関連ニュース】
水俣病、2人を患者認定=新潟市
「生きていてよかった」=目に涙、厳しい表情の原告も
被害者に改めて謝罪=小沢環境相
非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに
水俣病訴訟、和解が成立=一時金210万円、団体加算金29億円

飛行船 東京の名所を巡る遊覧クルーズが誕生(毎日新聞)
「左右をよく見て」新1年生対象の交通安全訓練(産経新聞)
<築地市場>マグロの競り場見学一時中止へ 市場業務に支障(毎日新聞)
シュワブ陸上案が現実的=亀井氏(時事通信)
女子学生へのセクハラ  田勢早大教授が「解職」(J-CASTニュース)
posted by フルヤ タカヒロ at 03:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。